FC2ブログ

趣味の部屋・・・DIY

溶接、木工、レザークラフト、家の補修、イントルーダーいじり など、色々な物に興味津々
2018.07.29 00:00|カテゴリ:● ハイラックスサーフ TRN215コメント(2)

サーフ215の エアコンの吹き出し口を修理! その2




折れたピンを・・・どう修復するか。。。。。

580DSCN8694.jpg




580DSCN8702.jpg





先に、結論から言うと、、

ピンの修復は・・・諦めます^^;;;;



何かで、くっ付けたとしても・・折れるでしょうしね^^;;



で、考えたのは・・・・


精密キリで・・・

580DSCN8709.jpg





穴開けて・・・・

580DSCN8729.jpg



580DSCN8732.jpg




レザークラフトで使用している、シニュー糸で、

580DSCN8733.jpg







縛る方法です!!
580DSCN8734.jpg



580DSCN8736.jpg




580DSCN8737.jpg




金属ピンは・・・固定に問題があるし・・・・


針金だと、稼働したときの力で・・・・

穴が広がるか‥割れると思ったからです。



程々の遊びができる、

糸がいいと思いつき、、、

持っている糸の中で、一番、強いと思ったので^^





糸が、目立ちはしないのですが・・・・


580DSCN8739.jpg





なんとなく・・・油性マジックで塗り塗り^^

580DSCN8742.jpg




2個ともに、修理完了~~~~!!

580DSCN8744.jpg



580DSCN8747.jpg



5800.jpg





頻繁に動かす場所でないのに・・・・


壊れるって><




でも、、、直しちゃったもんね~~~~!!(笑)




では。







ランキングに参加中です。
「ポチッ!!」して頂けると
がんばれます!!
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村




ちょっと意表をつく素材と手法でした。丈夫そう。
どうしても普段慣れている素材を使いますね!
「シニュー糸」今度ヨットのセール修理に使おうか・・
[ 2018/07/31 19:37 ] [ 編集 ]
>クラフト親父 さん
「シニュー糸」は、もともと動物の腱で作った糸の事で、、、
現在も販売しているかも!?しれませんが・・、一般的に入手できるのは、
ナイロンの細い繊維を束ねて1本の糸にした物が ほとんどです。

6㎜幅程の帯状の糸を、好みに合わせて、縦に裂いて、糸幅を調整して使用します。
今回は、裂きませんでしたが^^

結び終わりも、団子に結んで、ライターで「ジュッ」っと溶かす感じです。

セール修理に使えればいいですね~~!

[ 2018/07/31 20:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

訪問者数 (2016/04/08~)
プロフィール

kazu

Author:kazu
色々な事に興味津々ww
取り合えずやってみるか!! 精神ww
広く浅~い、多趣味ですww

検索フォーム
記事画像
読んでいるブログ
ランキング